旅の小話・スワロフスキーの街インスブルック2

停留所には観光客らしい外国人たちが何グループもいて、それぞれの各国語でできたガイドブックを見ながらなにやら話をしています。何人かに「クリスタルワールドはどこ?」と聞いてみたものの、「わからない」という返事が返ってきて、「どこだと思う?」と反対に尋ねられる始末。停留所のちょっと先にあるかなり小さい「Kristallwelten」と矢印が書かれた看板を頼りにとりあえず、何もない道を進んでみることにしたのです。(少し前を歩く一組のグループを心の支えに進むことにしました。)

道の両側はひたすら何もない感じなのですが、野生の感を頼りにひたすら看板の通りに歩いていくと、小高い山が左手にあることに気づきました。ふつう、観光名所のシンボルって、外からわかるようになっているものですよね。

でも違うんです。観光客よりも景観の方を重視してジャイアントは作られたようで、道からは背中、ないしは後頭部である山の裏側だけが見えるようになっていました。山の裏側にはガラス戸の入り口があります。ここから中に入るとミュージアム付属のショップの出口に出会うことができました。

つまり、場所はあっていることがここで判明。ただ、ここは出口なので、ミュージアムの入り口を探すべく、山をくるっと一周してみることにしました。山を一周して(意外と大きいので大変です)無事に、緑に囲まれた「ジャイアント」に出会うことができました。「ジャイアント」の第一印象は、

どうしてこれじゃなきゃいけなかったんだろう?

というものでしたが、「ジャイアント」に出会うまでかなり不安に駆られていたので、ここでやっとほっとすることができました。「ジャイアント」の見つめる先にある大きな建物が「スワロフスキーの工場」であることがわかり、やっと会えたね、という感じでとっても嬉しかったです。

さて!本命の「スワロフスキー・クリスタルワールド(Swarovski Kristallwelten€8)」にやっと入ることができたわけなのですが、中にはスワロフスキーの輝きをメインにした展示物がたくさんありました。「クリスタルワールド」の中はクリスタルの輝きを楽しむために、照明が暗めに設定されていて、展示物に光が当てられていました。(中は暗めですが、きちんと順路がありますので、そのまま進んでいけば迷うことなくすべて見ることができると思います。)

インドのマハラジャが子供のために買ってもっていたというスワロフスキーを散りばめた子馬?の像は思っていたよりも大きく、色々な色のクリスタルが散りばめられていてきれいでした。「クリスタルワールド」の中には、まるで万華鏡の中に入ったかのような体験のできるコーナー(展示物や順路)がたくさんあります。

また、世界で一番大きなクリスタルも展示されていました。「クリスタルワールド」の中が暗めであることでより、ミュージアムの中は幻想的な世界になっている気がしました。ぼーっとクリスタルの輝きを見ていると心が洗われるような気がしてとてもよかったです。

クリスタルは本当に綺麗だったのですが、スワロフスキーを見ること(体感すること)がメインの美術館になると思いますので、遊びたい!たくさん観光したい!という人にはインスブルックからの移動距離を考えると不向きかもしれないなあと思います。ただ、世界中で見かけるスワロフスキーの本拠地を見に行ってみるのもよい経験(もしくはよい話の種)になるのではないかな?と思います。

どこの国の観光名所も同じもので、やはり最後には「ショップ」がありました。「クリスタルワールド」には、アクセサリーもたくさん売られていますし、アウトレット?のようなものもありました。せっかくスワロフスキーの本拠地に来たのですから、他の観光客の方同様におみやげを探すことにしました。クリスタルが一粒付いたえんぴつも売られていました。クリスタルの色は好きな色を選ぶことができます。

これと同じものは旧市街のお店でも買うことができます。(ただし、色や数は少なかったと思います。)えんぴつは他の都市ではあまり見かけないものですし、かさばらないものですので、おみやげによいと思います。

おそらくミュージアム限定で売られている小さな小箱があるのですが、これは、特におみやげにおすすめです。たしか、25ユーロくらいしたと思います。箱には大きめのクリスタルが一つ付いています。この小さな箱に25ユーロの価値があるのか、ということなのですが、あるのです。

一見すると何の変哲もないスワロフスキーが付いているだけの小箱なのですが、中を開けると箱いっぱいにスワロフスキーのクリスタル(小さなものから大きなものまでいろいろな色のもの)が入っているのです。

小さな頃に夢見た宝石箱そのままの光景が小さな箱の中に広がっていたりします。中に入っているクリスタルたちの中にはネックレスのトップになりそこねた子たち(穴の開いているもの)もいくつか見られましたが、鑑賞用としては十分だと思います。

家では、小箱からクリスタルたちを出して、ガラスのワイングラスの中に入れて、出窓に飾ってあります。日があたるととても綺麗です。常時売られているものなのかどうかはわかりませんが、もし見かけられましたらぜひ購入してみてくださいね。

スワロフスキーのお店はインスブルックの旧市街にもありますので、お時間のない方はそちらでお買い物をされてもいいと思います。こちらもかなり大き目のお店ですし、他の街のお店よりも混雑はしていますが、品揃えがかなり多くなっていると思いますので、きっとお気に入りのものが見つかると思います。